文章の書き方のコツ3

 

前回のブログに引き続き、「文章の書き方のコツ」についてまとめました。ぜひ文章を書く際に、このコツを取り入れてみてください。

 

 

専門用語に気をつけよう

文章で使っている言葉が、一般向けか考えてから使いましょう。書き手は、専門的な言葉を使えば簡単かもしれませんが、 読み手を選ぶ文章になってしまうリスクがあります。

 

どうしても使う場合は、最初にその言葉の意味の説明をしておくと、読み手も理解して読み進めます。

 

自分が普段使っている言葉だと、気付かずに使ってしまいがちなので、注意したいところですね。

 

「こと」はなるべく避ける

なんでも「こと」を付けるのはやめましょう。便利な表現なので、つい使ってしまいがちですが、回りくどい言い方になってしまいます。

 

例えば「運動することは、大切だ」は、「運動は、大切だ」とできますね。こうすることで文章がすっきりとし、必要なかったとわかります。

 

重複しがちな表現になりますので、「こと」を使っていたら、本当に必要かどうか考えるクセをつけましょう。

 

「こそあど言葉」は最小限に

「こそあど言葉」で片付けてしまっていませんか。こそあど言葉とは、これ・それ・あれ・どれという表現です。

 

これとはなんなのか、明記するべき部分にこそあど言葉を使ってしまうと、意味が通じづらい文章になってしまいます。読み間違いにもつながるので、具体的な言葉を書くようにしていきましょう。

 

便利な表現ですが、デメリットもあるので、注意して使うべき言葉です。

 

読点の位置を意識しよう

読点の打ちかたで、幼い印象を与えてしまう場合があるので、注意が必要です。

 

特に気をつけるべきなのは、文の始めにいきなり読点を打たないことです。「私は、昨日映画を見に行った」でもいいですが「私は昨日、映画を見に行った」のほうがスマートで品がよくなります。

 

読み手に内容が入っていきやすくするため、読点の位置を意識してみましょう。

 

重ね言葉」は使わない

同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」は、たくさんあるので気をつけなければいけません。

 

例えば「色が変色する」や、「犯罪を犯す」など、一瞬合っているように思える言葉でも、漢字を見ると重なっているのがわかりますね。それぞれ「変色する」「罪を犯す」とするのが正解です。

 

言葉の意味を考えて使うようにしましょう。

文章の書き方のコツ2

 

 前回のブログで「文章の書き方のコツ」を紹介していますが、すぐに実践できるポイントはまだまだありますので、紹介していきます。

  

 

先に結論から書く

 文章の最初に結論を書いて、読者の興味を引きつけましょう。

 

 冒頭でどういう話なのかわからない文章は、読んでもらえません。核心から切り込むことでインパクトを残し、続きを読みたいと思わせるのです。

 

 大事な話題を最初に出すことで、最後まで読んでもらえる文章になりますよ。

 

主語と述語をかみ合わせる

 主語と述語の係り受けに気をつけながら書きましょう。

 

 主語と述語のかみ合わせがズレてしまうと、誤読につながるので、気を付けなければいけません。

 

 主語が抜けてしまっていないか、自分の書いている文の主語はどれか、常に意識しながら書きます。

 

翻訳文体にご用心

 翻訳文体とは、文章を翻訳するときに、なくても意味が通じるところに「こと」を入れた言い方のことです。丁寧な言い回しになりますが、少し回りくどい印象になってしまいます。

 

 例えば「I can fly.」は、「私は飛ぶことができる」となりますが、「私は飛べる」と意味は同じですよね。後者のほうが、内容がシンプルに伝わりませんか。

 

 ビジネス文では、読みやすく伝わりやすい文章にしたいので、翻訳文体は控えることをお勧めします。

 

「は」と「が」の使い分け

 主語を示す機能を持つ「は」と「が」、私たちは自然と使い分けています。

 

 これを使い分けないと、違和感のある文章になってしまいますよ。一度考え出すとわからなくなってきてしまいがちですが、主語が未知のものには「が」、既知のものには「は」を使えばいいのです。また、見たり聞いたりしたままの事実を素直に表現するとき、主語には「が」をつけます。「は」には、対比の意味もあります。

 

 なんとなく使い分けてた「は」と「が」だと思いますが、このルールを理解することで、文章力が上がりますよ。

 

ら抜き言葉になっていませんか

 「ら抜き言葉」を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「ら抜き言葉」は、会話では特に問題ありませんが、文章となると気をつけなければいけません。使い分けには、とても簡単な原則があるので、確認していきましょう。

 

 まず、単語を否定形にします。「見る」の否定形は「見ない」となり、そこから「ない」を取り、残った「見」の母音を考えます。「見」の母音は「い」ですね。母音が「い」の場合は「られる」がつくというルールがあるので、「見られない」となるのです。他には、母音が「あ」の場合は「れる」、「い」「え」の場合は「られる」。

 

ようするに、最初の文字の母音が「い」「え」になる場合は、ら抜き言葉になってはいけません。 

f:id:itsumip:20170502102212j:plain

文章の書き方のコツ

 文章を書くときに、何から書いて良いか困ったことはありませんか。ブログやSNSで書く機会はあっても、ビジネス文になると手が止まってしまいます。

 

 文章の書き方をまとめたので、コツを掴んで文章を書いてみましょう。

 

 

テーマを決めて書き始める

 

 文章を書き始める前に、テーマを決めます。何を言う文章なのか 目的を定めておき、常に意識をして書いていけば、途中でわからなくなってしまうことがなくなりますよ。

 

5W1Hで書けば必要な情報の抜けがなくなる

 テーマを決めたら次は、WHO(誰が)、WHAT(何を)、WHEN(いつ)、WHERE(どこで)、WHY(なぜ)、HOW(どうやって)に書きたいことを当てはめてみましょう。

 

 5W1Hの法則を使うと、必要な情報の抜けがなくなり、読みやすい文章になります。法則を使えば誰でも文章を書けますよ。

 

読点を感覚で打たない

 読点を正しく打つことが文章を正しく書くコツです。

 

 なぜなら、誤った読点の付け方をしてしまうと、読み間違いをしてしまう原因になります。

 

 多くの人は、息継ぎをするタイミングで打ってしまいますが、誤読の原因になりますので読点を感覚で打つのはやめましょう。

 

 

 

ひらがなと漢字をバランスよく使い分ける

 漢字ばかりの文章を見たとき、多くの方は難しそうな印象を抱きます。

 

 読みたくないと思われないように、漢字でなくていいところはひらがなで書きましょう。ただ、ひらがなばかりでも読みづらくなってしまうので、気を付けてください。

 

 ひらがなと漢字のバランスを取り、読みやすい文章を目指しましょう。

 

同じ言葉が三回出たらアウト

 同じ単語を繰り返さないようにしましょう。 

 

 同じ言葉が何度も出てくると、くどくなります。また、何かの説明をするときに、「こと」を使ってしまいがちですが、 同様に多用しない方が良いです。

 

 同じ単語は二回までを心がけましょう。

 

 私が今回参考にした本です。

 

f:id:itsumip:20170501161508j:plain